マタハリーの歩み

弊社の現在に至るまでの歴史をご紹介します。

昭和21年

マタハリー商会創業

戦後まもない昭和21年、家電を扱う“街の電気店”として「マタハリー商会」を創業。マタハリーとはマレー語で「太陽」。
戦争で疲弊した人々を明るくしたいとの願いから命名されました。常に新しいことに挑戦する企業姿勢は、創業当時からずっと変わりません。

昭和35年

株式会社マタハリー電気商会設立

将来の事業拡大を展望して、個人商店から法人組織に転換し、
株式会社マタハリー電気商会を設立。

昭和42年

ジュークボックス業界参入

スナックやバーで急速に普及し、日本で大ブームとなったジュークボックス。
外国製ジュークボックスが主流の中、ビクター・コロムビアと代理店契約を結び、国産のジュークボックスの販売で売上を飛躍的に伸ばしました。

昭和44年

アミューズメント業界参入

熱狂的なボウリングブームの中、長い待ち時間に着目してボウリング場内にゲームコーナーを開設。
その後の当社のアミューズメントビジネスの原点となりました。

昭和47年

パチンコ業界参入

JR川崎駅前の映画街にパチンコ店「ミス・パチンコセンター」をオープンし、パチンコ業界に参入。
今も当社の事業の中心となっているパチンコ事業はここから始まりました。

平成4年

現在の店づくりの基礎となる「PIA 綱島店」オープン

コンセプトは「パチンコができるギャラリー」。
男性のみならずパチンコは初めてという女性のお客様でも入りやすい、新しいホールスタイルが、
業界のみならず広くマスコミにも 取り上げられ話題となりました。

平成5年

第一回 ドイツマルク建外債発行

平成3年から発行した国内私募債に続き更に国際的な信用度の証しであるドイツマルク建外債を3度発行しました。
マタハリーの確かな信用力が国内はもとより海外においても認められました。

平成8年

民間初 日本トイレ協会「グッドトイレ賞」受賞

「PIA 川崎銀柳」内にあるレストルーム「フォンティーヌの泉」が民間で初めてトイレ賞を受賞。

平成9年

外国人専属モデルによるプロモーションビデオを業界に先駆け製作

店舗を華やかに彩る空間演出として、パリ、ミラノコレクションで活躍するトップモデルを集め、プロモーションビデオを業界に先駆け製作。

平成13年

世界初のカレーテーマパーク「横濱カレーミュージアム」オープン

“新たなアミューズメントの創造”を目的に、「カレー」をテーマにした世界初のフードテーマパークである「横濱カレーミュージアム」をオープン。
全国から選りすぐったカレー専門店をテナントとして入れるだけではなく、
アトラクションも加えた「究極のカレー体験空間」を実現することで全く新しいアミューズメントを創り出しました。

平成15年

J-REIT物件への出店実現

パチンコ業界初、強固な財務基盤と高い施設運営力が評価され、J-REITが保有する商業施設「DICE」に
パチンコホール「PIA 川崎ダイス」とアミューズメント施設「AM PIA 川崎ダイス」の出店を実現しました。

平成17年

ファッションビル「横浜モアーズ」に「PIA 横浜モアーズ」オープン

横浜駅に直結されたファッションビル「横浜モアーズ」に、「PIA 横浜モアーズ」を出店。

平成22年

設立50周年

平成27年

「次世代育成支援認定マーク(愛称:くるみん)」を取得

女性が安心して長く働ける企業を目指し、妊娠判明後から取得可能なマタニティ休暇を業界で初めて導入。その後にも、短時間勤務、転勤なしで働くことができる制度の導入など働きやすい環境づくりに努めてきました。その結果、次世代育成支援を積極的に推進する企業として、厚生労働省から認定を受けました。

平成28年

株式会社ビーリンクの全株式を取得し、子会社化

総合アミューズメント企業の新たな柱の一つとして、セガサミーグループから株式会社ビーリンクの株式を取得することにより、
ダイニングダーツバー「Bee」事業の移管を受けました。ダイニングダーツバー「Bee」については、こちら

前へ
次へ