吉原 椋裕

Ryosuke Yoshihara

2016年入社

就活では業種・業界にこだわらず説明会などに参加しました。

その中で重要視したのは、「人間を人間としてみてくれる会社」「自分の意見をしっかり伝えられ、お互いに意見を言い合える会社」というポイントでした。

マタハリーを選んだのは、まさにそうしたポイントに最も近い環境が整っている会社だと感じたからです。

さらに、完全週休二日制で福利厚生が充実しており、仕事とプライベートの両立が出来ると感じたことも入社を後押ししました。

実際、働きはじめると、もちろん仕事なので厳しい点もありますが、新人の意見もしっかりと聞いてくれる環境は想像通りで、選択は間違っていなかったと思っています。

現在、私はパチンコ店の社員として、営業を担当しています。

営業というと分かりにくいですが、店舗でアルバイトスタッフのリーダーとして、接客を行うことが中心になります。

アルバイトスタッフの気持ちを知らなければリーダーとして店舗全体の接客の質を高めていくことは難しいのですが、まず、自らがアルバイトと同じ視点で率先してその業務を行うことを心がけています。

それだけではなく、社員として1日の売上計算なども行います。

私の勤務する店舗は来店するお客様の年齢層が幅広いので、その人にあった対応とコミュニケーションをとり、相手の目線に立った対応を行う事でコミュニケーションを図っていく事は簡単ではありませんが、面白いです。

「ありがとう」とお声がけいただいた時は嬉しいですし、気持ちを推察した対応ができたお客様が再来店してくださった時にはさらに嬉しく感じます。

マタハリーは、一人ひとりのことをしっかり見て、大切に育ててくれるという意味で、教育研修制度が非常に充実していると思います。

ていねいに一人ひとりが理解し出来るようになるまで指導教育して頂け、また、現場の業務でも先輩たちが気に掛けてくれるため、非常に安心感があります。

教育研修制度はそれぞれの教育担当者がどこまで指導教育したかを把握出来る仕組みになっていますので、内容が重複せず分からない事や分かりにくかったところを質問しやすいという点も良いと思います。

また、店舗勤務でも休日の取得に柔軟に対応してもらえます。

ローテーション制なのですが、場合によっては予定の休日をずらしたり、出勤時間を変えたりすることも可能で、有休を有効に活用できる点も他社には無い良い点だと思います。

当面の目標は、自分や周りの人たちが楽しく仕事が出来る環境を作り、また困難には自ら率先して立ち向かえる人間になりたいということです。

将来的には数値やデータを扱い、店舗を引っ張り、動かしていく仕事を手掛けていきたいと考えています。

周囲を動かし、引っ張っていくという意味では、パチンコ、パチスロ店だけではなく、新しいビジネスにも目を向けています。

いつの日か、自ら新しいアミューズメント店やビジネスを提案し、創って、そこに関わるメンバーを引っ張っていける存在になることを目指しています。

社員たち一覧へ

エントリー

会社説明会参加ご希望の方は、下記就職サイトから、まずはエントリーをお願いします。

エントリーが完了次第、会社説明会(セミナー)のご案内等をメールでお送ります。

※会社説明会(セミナー)参加申し込みには各サイトの会員登録が必要です。